FC2ブログ
    スポンサーサイト
    -------- -- --:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    別窓 | スポンサー広告 | top↑
    特別講習No.8
    2018-03-03 Sat 21:14
    「きゃっ・・・!」

    ドアを開けて、飛び込んできた先輩に驚いて、声をあげてしまった。
    「あ・・・。
     ご、ごめん、Rueちゃん。
     大丈夫・・・?」

    反射的に、両手を胸の前で握りしめて、肩をすぼめていた私に、
    優しく声をかけながら、顔を覗き込む先輩。

    ギュッと目を閉じていた私は、先輩の声にそっと目を開ける。
    「わ・・・っ!」
    私の顔を覗き込んでいる先輩の顔が、すぐ目の前にあって、私は再び驚き、後ずさってしまった。
    昼間のドキドキが蘇る・・・!

    「ご、ごめんなさい。
     びっくりしちゃって・・・」
    耳まで赤くなってる自分に、恥ずかしくなる。

    「俺の方が、ごめん。
     びっくりさせちゃったよね・・・。
     でも、Rueちゃん、どうしたの?」

    先輩の優しい声に、自分の状況を思い出した・・・。
    「そ、そうだ・・・。
     どうしよう、下着がないなんて言えない!」

    「あ、あの・・・、あの・・・。」
    なんて言っていいかわからず、モゴモゴしてしまう私。

    「大丈夫・・・?
     なんでもなければ、いいけど・・・。
     初めての一人の部屋で、怖かった?」

    あぁ、この人はどこまでも素敵すぎる!
    からかうように、満面の笑顔で私を見つめている。

    「ごめんなさい。
     ちょっと、不安になっちゃっただけですっ」
    私は、こんな時間に心配して来てくれた先輩の気持ちがうれしくって、
    申し訳なくって、勢いよく頭を下げた。

    「Rueちゃん、いいよ、いいよ。
     は、早く頭あげて・・・。
     ちょっと、ヤバイ。」

    ん・・・?
    どういうこと・・・?
    ・・・・あっ!!!!!

    先輩には、パジャマの胸元から、何も着ていないパジャマの中身が丸見えだ・・・。
    スポンサーサイト
    [PR]

    [PR]

    別窓 | 特別講習 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
    <<特別講習 No.9 | Rue’s Pinksh Talk | 特別講習No.7>>
    コメント

    コメントの投稿














    管理者だけに閲覧

    トラックバック

    トラックバックURL

  1. FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  2. | Rue’s Pinksh Talk |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。