FC2ブログ
    特別講習No.7
    2018-02-12 Mon 18:32
    「Rueちゃん、大丈夫?
     Rueちゃん、どうしたの?
     Rueちゃん?」

    誰かが呼んでる・・・。
    ドアをノックする音が聞こえる・・・。
    誰・・・?

    私は、ベッドの中でボーっとした頭で考える。
    「あれ?ここ、私の部屋じゃない。
     どこ・・・?」
    しっかりあかない目で、明りがついたままの部屋を見渡す。

    「・・・・。
     あっ!!」
    ようやく、寮の部屋にいることを思い出し、ベッドの上に飛び起きた。

    「Rueちゃん?
     何かあった?」


    「せ、先輩だぁ!」

    私は、慌ててドアに駆け寄り、そっとドアを開ける。
    少し開けたドアの隙間から、心配そうな顔をした東部先輩が見える。

    「どうしたんですか、先輩・・・?」
    私は何があったのかと思いながら、聞いてみた。
    「どうしたのって、それは俺のセリフでしょ。
     Rueちゃんから、どうしよう・・・ってラインが来て・・・。
     何かあった?ってラインしても、電話かけても既読にならないから、
     心配になって、来てみたんだよ。
     大丈夫?」


    どうやら、私は寝落ちした時に、うちかけのラインを送ってしまっていたみたいだ。
    「ご、ごめんなさい。
     ちょっと、考え事しているうちに、寝ちゃったみたいで・・・。」

    と、言い訳を口にしながら
    「あれ・・・?私ったら、何してたんだっけ・・・?」

    と考えているうちに、下着がぜ~んぶ無くなってたことを思い出して、
    「あっ・・・!」と、声をあげてしまった。

    「どうしたの、Rueちゃん」
    私の声を聴いて、東部先輩がドアを大きく開けて、部屋に飛び込んできた。
    スポンサーサイト
    [PR]

    [PR]

    別窓 | 特別講習 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
    | Rue’s Pinksh Talk | 特別講習No.6>>
    コメント

    コメントの投稿














    管理者だけに閲覧

    トラックバック

    トラックバックURL

  1. FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  2. | Rue’s Pinksh Talk |