FC2ブログ
    スポンサーサイト
    -------- -- --:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    別窓 | スポンサー広告 | top↑
    いたずら
    2010-07-22 Thu 11:59
    『ふぅ…。
    やっとクーラー入ったぁ…。』

    今朝も決まった仕事をするために、
    朝からコピールームに篭りきり。

    OLとはいえ、私の仕事は雑用ばかり。
    残業もなし、無理な仕事もなし。
    それに見合ったお給料で、毎日時間が過ぎるのを待っている。


    毎朝出勤すると、私の机の上には、社内に配る文書が山積みになっている。

    『今時、こんなに大量コピーするような会社ないよ…。』
    と思いつつ、コピーをとる。


    コピールームは小さく、コピー機が動き出すと、一気に室温が上がる。

    夏はクーラーが入らないと、頭がぼぅっとしてしまう。


    『よかったぁ。
    今日はクーラー、割と早くはいったな。』
    エコロジーと言う名の節約で、社内の温度が上がらないとクーラーが入らない。

    『ここに居たら、干からびちゃうっつ~の』
    胸元のボタンを一つはずし、風を吹き込み、思わず独り言を呟く。

    『だよね~、お姉様は微妙なお年頃だもんね。』
    と、からかい半分、本気半分な声が応える。

    二つ年下の同僚、尋己だ。
    『ほっとけ~っ』
    私は振り向き、舌を出す。

    『あれ…?ひげ、伸ばすの?』
    週明け月曜の今日、尋己の顔に、うっすらひげが伸びていた。
    しかも、私好みのクリス・ペプラーみたい。
    ちょっとドキドキしたのを、慌てて隠す。

    『何となく、週末剃らなかったからさ。似合う?惚れちゃった?』
    尋己は、いつも私をからかう。
    思わせぶりな事を言ったり、わざと体を近づけてきたり…。
    私の反応を楽しんでいるとしか思えない。

    『みんなに、同じようなこと、言ってるんだろうなぁ』と思って、今までは流してた…、けど。

    このひげは反則っ!
    いつものやんちゃなイメージの尋己が、大人っぽくセクシーな雰囲気…。

    『ほんと暑いね、この部屋…。笑子ちゃん、脱いじゃう?俺、見ててあげるよ。』
    それはセクハラだろうって事を言いながら、壁際のスツールに腰かける。

    止まり木に片足をかけ、片足はほうり出すように、力を抜いてスツールに腰かけてる尋己の姿が、妙になまめかしい。

    いつもは気にした事もなかったけど、半袖のYシャツから伸びる腕も、程よく陽に焼けて意外に筋肉質…。

    『あの腕に抱きしめられたら、蕩けちゃうかも…』
    なんて思った時、ふと、いたずら心が目覚めた。
    『今日は、私が尋己の事をからかってやろう♪』


    私は、尋己に近づいて、そっと右手を伸ばす。
    背の高い尋己も、スツールに座っているから、視線の高さが近い。

    私の意外な行動に、驚いた顔の尋己。

    私の右手の人差し指は、尋己の左頬にそっと触れる。
    そのまま、ひげにそって指を動かす…。

    『な、何、笑子ちゃん?』
    尋己の開いた足に挟まれるように立つ私。
    私の左手の人差し指が、すっと尋己の口元を塞ぐ。

    尋己が戸惑っているのが伝わってくる。

    『うふふぅ♪なんか、今日は上から目線☆』
    心の中でガッツポーズ。

    『尋己君、ひげ似合うね…。私、ひげの男って、好きなの…。』
    わざと体を密着させて、耳元で囁く。

    さっき外したボタンで、胸の谷間もしっかり見えちゃってるかな…。


    両手で挟む様に、尋己の顔を私に向ける。
    右手はそのまま頬をなで、親指であごのひげを撫でる。
    左手は、尋己の右腿にそっと置く。

    尋己の呼吸が浅く短くなってきてる…。
    生意気な事、いつも言ってるのに、実は結構かわいい奴なのかな。
    案外、経験も少ないのかも…。

    私の右手に口を近づけ、そのまま軽くひげにキスする…。
    尋己はどうしたらいいのかわからないのだろう。
    人形の様に、動かない。

    左手をゆっくり動かす。
    尋己の腿をさするように、ゆっくり…。
    膝から上に向けて、私の左手が動く。
    尋己の体が、ビクンと反応した。

    『どうしたの、尋己君…。もっと違う所触って欲しいの…?』
    私は尋己の腿から手を離し、今度は線を書くように人差し指を動かした。

    尋己の様子が変わってきてるのが、はっきり感じる。

    『くふふ。案外かわいいじゃない、尋己君。』

    そう思った瞬間、強い力でギュッと抱きしめられた。

    『なんだよ、これ。笑子ちゃん、我慢出来ないよ、俺…。』
    尋己の熱い唇が、首筋をさまよう。

    『あんっ…!ダメ…!』

    私は両手で尋己の胸を押して、尋己の腕から逃れようともがく。
    けれど、いつもの尋己とは想像もつかない荒々しい力で抱きしめられて、全然身動きがとれない。

    尋己の唇は、首筋から胸元へと動いていく。
    尋己の胸に押し当てた私の左手を、尋己の大きな右手が捕まえる。

    そのまま、私の左手は尋己の硬く大きく形を変えた部分に強い力で導かれる。

    『ほら、こんなになっちゃったじゃん…。どうしてくれるの?』

    本当にどうしよう…。
    からかうつもりだったのに、このままじゃ、尋己のペースになっちゃう。

    『なりきろうっ』
    私は、尋己のペースにはまらないためには、成り切って自分のペースに持ってくしかないと思う。

    私は左手で尋己の硬くなった部分を軽く握り
    『かわいいね、尋己君。
    こんなになっちゃって…』
    わざと上から目線な言葉を囁く。
    キスをしようとする尋己の口元を右手の指で抑え、
    『ダメ。
    キスさせてあげない…。』
    と焦らす。

    再び、ひげを指でいじりながら、ひげにキスをする。

    尋己の左手は、しっかり私の腰にまわされ、私が逃げ出せないようにしている。
    空いた右手で、私のブラウスのボタンを外そうとする。

    『ダメ。』

    その手を、私は左手でとめる。

    『なんで?
    俺、何もできないじゃん…!』
    切ない声で尋己が訴える。

    『今日はそういう日なの。尋己君はされちゃうだけ…』
    そう言って、唇の端にキスをする。
    私の左手は再び、尋己の硬い部分を刺激する。

    『ねぇ、笑子ちゃん…。
    俺、限界だよ。我慢出来ない…!
    マジでやりたくなっちゃう…。』
    尋己が訴える。

    『そっか、じゃあ…。』
    私は尋己の唇に軽いキスをして、尋己から離れる。


    『えっ…?』

    尋己は言葉を失ったみたい。

    『頬っぺたに口紅ついてるよ。
    コピールーム出る前に、ちゃんと拭いてくんだよ♪』

    私は出来上がったコピーの山を抱え、ウィンクして部屋を出た。
  1. いたずらの続きを読む
  2. スポンサーサイト
    [PR]

    別窓 | 未分類 | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
    | Rue’s Pinksh Talk | NEXT
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。